漫画飯。

ドラマ化もされた「おいしい関係」じゃがいもグラタン。漫画飯。

更新日:

ドラマ化された「おいしい関係」のイモグラタンを紹介しますが、

きのう何食べた?のドラマが始まります!

今日は先に私が楽しみにしているドラマ化の話を。4月5日(金)深夜0時12分スタートの「きのう何食べた?」が始まります。こちらも原作が漫画なので楽しみでなんです( *´艸`)

キャストは西島秀俊さん、内野聖陽さん。

二人は恋人同士なんです!最近「おっさんずラブ」なんかでも同じく、男性同士カップルってのが流行り?それとも多いのでしょうか?「おっさんずラブ」も私的にはまった作品なので今回も期待しています!

1カ月の食費設定が2人で2万5000円。材料、調味料など、どこの家庭でもあるものばかりらしいのでマネしやすい!

私のモチベーションもきっと上がることでしょう!レシピ本も4月下旬に発売予定らしいので、こちらも楽しみです(*^-^*)

今日の本題に戻ります・・・。まずは作品紹介をば。

「おいしい関係」全16巻。植村まさるさんの作品。

月9という響きが懐かしいですが、「おいしい関係」は1996年にドラマ化されました。最高視聴率25.2%。

なので主人公藤原百恵は私には中山美穂さんで、プチ・ラパンのシェフ織田圭二は私には唐沢寿明さんなんですよね。

あらすじは、裕福な家庭に育った主人公は、父の突然の死によって、生活が一転する。偶然入ったプチ・ラパンのコンソメスープの味に感動し、プチ・ラパンで働き始めます。プチ・ラパンの織田シェフは仕事に厳しく、主人公と対立するが、次第に主人公の努力と能力を認めてくれるようになる。その結果お互い惹かれていくというお話です。

3巻に登場するイモグラタン(じゃがいもグラタン)は織田シェフの料理ですが、主人公がレシピを完全コピーし、織田シェフに認められるというシーンが印象的です。それでは作っていきたいと思います。

材料2人前(材料は完コピではないです。)

  • じゃがいも小だったので5つ
  • 生クリーム
  • 牛乳
  • ピザ用チーズ
  • パルメザンチーズ
  • 塩コショウ
  • 砂糖(パルスイート)少量(甘いようなら入れなくてもよい)
  • 耐熱容器に塗るバター

作り方

じゃがいもは皮をむき、厚めの輪切りにします。

原価率を考え、できるだけ皮は薄めにむきましょう(笑)

(織田シェフが主人公のじゃがいもの剥き方に怒っていました。)

切った後のじゃがいもは水につけないこと!

(いつもなら水につけて灰汁を取りますが、とろみをつけたいので水につけないこと)

フライパンにじゃがいもを並べ、生クリーム100ml、牛乳100mlをいれる。

 

じゃがいもがひたるくらいならOK。ひたっていないようなら、生クリーム、牛乳を同じ分量ずつ入れ調整する。

 

火にかけ、沸騰直前で弱火にして煮込む。

焦げないように混ぜながら煮込んでください。

じゃがいもがやわらかくなり、ソースがトロっとしてきたら塩コショウ。

じゃがいもの甘味が足りなければ砂糖を少し。(我が家はパルスイートを少し足しました。)

耐熱容器にバターを塗って煮込んだじゃがいもとソースを入れ、ピザ用チーズ、パルメザンチーズをかける。

オーブンで焼きます。グラタン用にセットしてスイッチon。我が家のオーブンでは45分だったと思います。お家のオーブンと相談してくださいね。じゃがいもをやらかく煮ていたらオーブントースターでもOKだと思います。焼き目がついたらできあがりです。

今回はパン屋で一目ぼれしたミニ食パンと一緒に。

 

感想

いもいもしい(笑)じゃがいもを水切りしないことで、でんぷんがとろみをだしてくれています。なので小麦粉なし、バターも耐熱容器に塗っただけなのでヘルシーなのかも。調理工程もホワイトソースを手作りするよりは簡単。

それでいて味は濃厚で、お腹にずどんと溜まります。ハンバーグやエビフライのサイドメニューにあれば最高に嬉しい一品です。

ドラマ化された「おいしい関係」のメイン料理にするのなら、ベーコン、ウィンナー、サーモンなどを入れると良いかもしれません。今度そうしてみようかなと思いました。ずぼら主婦的に、味的にいとおかしなイモグラタンでした(*´з`)

 

-漫画飯。
-

Copyright© いとおかし。 , 2019 All Rights Reserved.