カラダとココロをいたわる料理 漫画飯。 高血圧対策

(まんが飯)きのう何食べた?のミネストローネと粒マスタードソースは優しいお味。

投稿日:

 

おはようございます。itookasiです。

昨日、ブログを書き終え、充実な朝ごはんを食べ、今日は動けそうと思っていた矢先、寒くて寒くて、仕方ないので湯船に浸かりました。

その後、気分が悪くなり、吐き気と戦いながら、ソファーで爆睡してしまいました。

何度も立とうとするのに体は重く深くにいる感じ。

夜は寝れないんじゃないか?と思いましたが、眠剤のおかげか、いつもより遅いけど、眠れたようです。

今日はどうかな?

さて、前回の「きのう何食べた?」でミネストローネも作っていたので作ろうと具材は用意していたのですが、トマトが被るのでやめていました。

なので今回作ることにしました。

↑今日の深夜放送ですね!楽しみです。

ミネストローネを作ってみた。

材料 (完全コピーではありません)

  • ベーコン 4枚
  • 玉ねぎ 大1個
  • ニンニクチューブ 適量
  • ニンジン 1本
  • セロリの葉 1本
  • じゃがいも 大1個
  • トマト 2個
  • キャベツ 1/4個
  • コンソメ 大さじ2
  • 塩 少々
  • 黒コショウ 適量

ハーブ系をシロさんは使っていますが、私はハーブなしです。

作り方

1.ベーコンを細切りにして鍋に入れ、弱火でじっくり脂が出るまで炒めます。

2.1センチ角に切った玉ねぎを入れ、ざっと炒めたら蓋をします。

3.ニンジンは7~8ミリ角のサイコロ上に切ります。セロリの葉は5ミリ幅くらいに切ります。

4.切ったものとニンニクチューブを鍋に加え炒め、蓋をして火は中火に。(蓋をしておくと野菜から水分がかなり出てきます)

5.次にじゃがいもをニンジンより大きめに切り、鍋に入れます。

6.キャベツは小さめのざく切りに。切ったものを鍋に投入します。

7.最後に、ざく切りにしたトマトを入れ、トマトの形が亡くなるまで炒めます。

8.コンソメと水1リットルを鍋に入れます。

9.最初は強火で、煮立ったら弱火にしてアクをすくいながら30~40分煮込むだけ。

10.塩で味を調え、黒コショウを加えてできあがりです。

感想

セロリの葉って捨ててました。もともとセロリが苦手なんですけど、葉もスープに入れると飲めますね。

カラダにはいいはず。調べてみました。

カリウムを多く含んでいるので、ナトリウムを排出する役割があります。高血圧に効果が期待できます。

セロリの香はアピオイルという精油成分ヤアピインなどによるもので、イライラを鎮め精神を安定させる働きがあると言われています。

ビタミンUが含まれており、胃酸の分泌を抑えたり、胃粘膜を修復するなどの働きがあるそうです。

二人ともセロリが苦手なんですが、高血圧、胃、精神安定といいことばかりなので、煮込み料理でなんとか使っていきたいと思います。

ミネストローネはとても優しい味で、野菜がたっぷり摂れて良いです。ソーセージも煮込んで食べちゃいました。

手間はかかりますが、いつも、味が決まらず、ケチャップを投入していたので、こちらの方が断然いいです。

セロリもいい仕事していて、ワンランクUPしたようなお味になります。

ポークソテー粒マスタードソースを作ってみました。

材料

  • 豚のロース肉 2枚
  • 塩、コショウ 適量
  • オリーブオイル 大さじ1
  • 粒マスタードソース
  • 玉ねぎ 1/2個
  • にんにくチューブ 適量
  • お酒 大さじ3
  • 粒マスタード 大さじ1
  • コショウ 適量

作り方

1.豚肉に、塩コショウをします。フライパンにオリーブオイルを熱し、豚肉の両面をこんがりと焼きます。

2.豚肉はさらに盛り付け、同じフライパンで玉ねぎとニンニクチューブを炒めます。酒、粒マスタードを入れ、1~2分煮詰めます。

3.味見してコショウをしたらできあがりです。

感想

最近粒マスタードがお気に入りな私。

粒マスタードには優れた殺菌力、防虫効果、食欲促進、抗がん作用を持つ成分が含まれているようです。

これは頻繁に使ってもいいってことですよね!

ただ、私が買っている業務スーパーの安いものでは栄養価は少ないかもです。

でも美味しいんですよね~。酸味と玉ねぎの甘味があって、豚肉と相性抜群でした。

鶏や牛でもこのソースいけるんじゃないかな?白身魚でもいけそう。

生クリームとの相性もいいので、クリームソースにしてもいいですね!

玉ねぎだらけのメニューになりいとおかしです。

粒マスタードもピンキリ。表示を見ていいものを探してくださいね。

 

-カラダとココロをいたわる料理, 漫画飯。, 高血圧対策
-, , ,

Copyright© いとおかし。 , 2019 All Rights Reserved.