映画紹介 炊飯器飯

炊飯器でパンを初めて焼いたよ。香りがたまらんですな。

投稿日:

こんばんはitookasiです。

最近やる気が出ない・・・。

どげんかせんといかんのですが、対策方法なし。

なんとかせねんば・・・。

とりあえず,初めてパンを焼いてみることにしました。

甘納豆の消費ときな粉の賞味期限が近づいています。

これを何とかしようと考えたらパン。になりました。

初めて作るので、炊飯器にレシピがついていたので、それを見ながら作っていきます。

TIGERのtacookはご飯とおかずが一緒に作れる優れもの。

マツコの知らない世界でも取り上げられていました。

ズボラな方にはもってこいですよ~。

材料

生地

  • 強力粉 270g
  • きなこ 10g
  • ドライイースト 4g
  • 溶き卵 1/2個
  • グラニュー糖 35g
  • 塩 4g
  • 無塩バター 40g
  • 牛乳 60cc
  • 水 100cc
  • 甘納豆 適量

仕上げ用

きな粉 適量

※スキムミルクが材料に入ってましたが、ないので、牛乳を代用しました。

スキムミルクは牛乳から水分と乳脂肪分を除いたものです。代用する場合はスキムミルクの10倍量の牛乳にすれば良いそうです。

今回スキムミルクが6gだったので、牛乳60cc。水100ccとしました。

作り方

1.パン生地を作ります。

2.生地の材料を入れて混ぜます。しっかりと練ります。

この時点で失敗したと思いました(;^_^A

もうちょっと練らないといけなかったんじゃないかと。

でも綺麗にならないし、これでいいやってなっちゃいました(笑)

3.「パン発酵」メニューで50分発酵します。

4.生地が2倍になれば、ガス抜きをして、6個に分割して生地を丸め、濡れふきんをかけて10分程休ませます。

5.生地を麺棒で伸ばしながら、甘納豆を適量のせて巻いて、巻き終わりは指でつまんで留めます。

6.同じ作業を6個します。

7.炊飯器に均等に並べて「パン発酵」メニューで40分発酵させます。

発酵状態を確認して「パン焼き」メニューで40分焼きます。

竹串をさして生地がついてこなければ裏返して「パン焼き」メニューで10分焼きます。

焼きあがったら「取消」を押し、すぐにパンを取り出し。

熱を取り、きな粉をふるってできあがりです。

感想

パンって時間がかかるんですね・・・(;^_^A

作業はそんなに大変じゃないんですけど、ボタン押して買い物に行くとかができないのが大変でした。

パンを焼くいい香りがたまらんかったです。

マーガリンではなくバターを使ったので、香りが良いです。

焼きたてを頬張りました。

パンは焼きたてがたまらんですね!

お店で焼きたてといってもすぐさまじゃないので、作らないと味わえないのが醍醐味です。

買って食べるのと違って、密度がしっかりしてました。もちっとして柔らかで、バターが効いていて美味しかったです。

甘納豆は少な目に入れたので、くどくなくて良かったです。

値段の安いパンと高いパンでは、小麦の分量が違うんだなと改めて感じました。

値段の安いパンは何個も食べれるのに、私が作ったのは、腹にずっしりとくるんです。

これがいいのか悪いのかはわからないですが、パンだけで満たされてしまったことに残念に思ってしまいました。

控えめに食べたらいいんです。私が悪いだけなんですけどね(笑)

初めてのわりには上手にできたんじゃないか?

また作ってみようかなって思う美味しさでした。

待ち時間が多いので、1つ映画を観てみようと思い、「小さいおうち」を観ました。Amazonプライムビデオで。

 

小さいおうち

著者 中島京子

監督 山田洋次

直木賞を受賞した作品。

ベルリン国際映画祭で黒木華(布宮タキ)が銀熊賞に輝きました。

日本でも助演女優賞を受賞。助演?主演な気がしますが(;^_^A

登場人物

布宮タキ 平井家の女中。

平井時子 おっとりと優雅で、同性から見ても魅力的な女性。

平井恭一 時子と前の夫との息子。

平井 時子の2番目の夫。なぜか下の名前が載ってませんでした。

板倉正治 平井と同じ会社の社員。

あらすじ(ネタばれありです。)

布宮タキは大学ノートに回想録を記していた。

18歳で上京し小中家→浅野家→平井家と女中として働いていたことを記している。

浅野家の主人が事故死し、時子と恭一とタキを伴って実家に戻った。

映画では前夫のことはなかったことになっているようです。

平井と再婚し、タキも一緒に平井家の女中として行くことになります。

タキは忠実で時子とも仲が良くて、恭一も懐いています。

幸せそうな一家に板倉正治が年始の挨拶に訪れます。

板倉と時子は心を通わせていくことになります。

会社の活動が有利にするために板倉に縁談が薦められ、時子がそれを取りまとめることになりました。

時子も板倉もお互いに惹かれあっているので酷な話です。

タキはある日、時子の帯びが一旦解かれたことに気づいてしまいます。

やがて戦争がはじまり、板倉に召集令状が届く。

板倉のもとに行こうとする時子をタキはなだめ、手紙に平井邸に来て欲しいと書かせ、手紙を預かった。

タキが亡くなった後、その時の手紙が出てきてました。

感想

戦争の怖いシーンとかはがないので見やすい作品です。

タキはどういう気持ちだったのだろうか・・・。

平井家の安泰を思って出さなかったのか、時子の事を思って出さなかったのか、板倉への恋心なのか。

手紙をずっと持っていたことからの推測ですが、誰かが見てしまうかもしれないわけだから、平井家の安泰や時子を思ってではない気がします。

恋心はあったのだと。

タキ自身も会いたかったはずなのに会わなかったのは、時子と同じく我慢しないといけないと思ったからじゃないかと。

そう思ってしまいました。いとおかし。

 

 

 

-映画紹介, 炊飯器飯
-, ,

Copyright© いとおかし。 , 2019 All Rights Reserved.