カラダとココロをいたわる料理 ダイエット リメイク料理 高血圧対策

昆布水と塩麹の合わせ技。お通じあり。

投稿日:

こんばんは。itookasi です。昨日から昆布水始めました。

昆布水の効果かな?

↓昆布水の作り方などを紹介しています。

昆布水はじめました。簡単ダイエットにも、高血圧にもいいんだって!

昨日は、4時間くらい寝かせた昆布水でけんちん汁を作りました。

初めはちょっと戸惑う味でしたが、飲んでいくにつれ、優しい味にほっこり。

昆布水の味というより、塩麹の味が甘しょっぱいんですよね。

優しい、甘酒の甘さに、おかゆさんが美味しいくらいのほんのりな塩気。

カラダに良さそう!ってことは感じました。

そして、いつも便秘気味なのですが、今日はお通じがあり、利尿作用もあるようで、いつもよりトイレの回数が多いです。

何やら嬉しい予感です。

続けてみたいと思います。続くといいな(笑)

塩麹(しおこうじ)って?

私が「塩こうじ」を使い始めたのはつい最近。

購入理由は、肉を柔らかくする為でした。

肉を柔らかくするのはもちろんですが、その他にも私にとって、旦那さんにとって良い効果が期待できそうです。

これはちょっと「塩こうじ」使い方改革が必要なようです。

塩麹って?

「塩」と「こうじ」で作られる調味料です。

「こうじ」は蒸した穀類や豆類に、こうじ菌と呼ばれる微生物を繁殖させたもの。

米で作れば「米こうじ」。

麦で作れば「麦こうじ」。

大豆で作ったのを「豆こうじ」。

「こうじ」には食品の保存性を高めるたり、旨味を増す効果があります。

「こうじ」には食材を栄養にするため、消化酵素を出して成分を分解しながら生きています。

なかでも三大消化酵素とされているのが

  • アミラーゼ(でんぷんを糖に分解して甘味を出します)
  • プロテアーゼ(たんぱく質を分解してうまみを出します)
  • リパーゼ(脂肪を脂肪酸とグリセリンに分解して脂っこさをなくし、あっさりとさせます)

これらの消化酵素が働くことで、塩こうじに漬けると肉や魚が柔らかくなったり、野菜も中まで味が浸み込みやすくなります。

いろんな料理に塩の代わりに入れると、塩味だけでなく、甘みや旨味、発酵のほのかな香りなどが加わり一段と美味しくなります。

美味しいだけではなくもちろん効果もあります。

  1. 疲労回復
  2. 腸内環境の改善
  3. 免疫力のUP
  4. 動脈硬化の予防
  5. 美肌

1.塩こうじで疲労回復

  • 酵素(食材を分解し、吸収率を高めます)
  • ビタミンB1(糖質をエネルギーに変えてくれます)
  • ビタミンB2(脂質、糖質、たんぱく質をエネルギーに変えてくれます)
  • GABA(リラックス効果があります)

※即効性があるわけではないようですので、継続していくってのが大事です。

2.塩こうじで腸内環境の改善

  • オリゴ糖(腸内の善玉菌のエサになります)
  • 酵素(食べ物を消化しやすくして、胃腸の負担を減らしてくれます)

昆布水と塩こうじがタッグを組めば、善玉菌増産できそう。

3.塩こうじで免疫力のUP

  • ビタミンB1、B6(粘膜や皮膚を最近から守ってくれます)

人間の免疫細胞のほとんどは腸にあるそうです。

腸内環境が整うことで、免疫力もUPします。

4.塩こうじで動脈硬化の予防

GABA(コレステロールや中性脂肪を抑えてくれます)

必須アミノ酸(脂肪を分解し、血液サラサラにしてくれます)

ペプチド(胆汁酸を作る為にコレステロールを多く消費してくれます)

旦那さんのコレステロール値がB1判定だったので、これで改善できるならありがたいです。

5.塩こうじで美肌

  • コウジ酸(メラニンが作られるのを抑えてくれます)
  • ビタミンB群(新陳代謝をアップさせ。肌のターンオーバーが正常になります)

これは私がありがたい。

あまり肌に無頓着すぎて、えらいことになってきました。

少しでも綺麗な肌になれるなら願ったりかなったりです。

塩こうじは加熱せずに食べるのが一番効果があるらしい・・・。

酵素は約70度で働かなくなるそうです。悔しいね(´;ω;`)ウゥゥ

加熱する場合は、もう割り切って、旨味や、肉を柔らかくするために使う。

塩分を控えめにできると思うので、血圧高めの人にはいいかもです。

加熱しない料理となると、タレやドレッシングですかね。

ちょっと残念な感じはしますが、昨日作ったけんちん汁です。

リメイク料理でもあります。

材料(4人分)

  • 大根1/4本
  • 里芋2個
  • こんにゃく1/4丁
  • 豆腐 小を1つ
  • 玉ねぎ 1/2個
  • きんぴらごぼうの残り
  • 塩こうじ 大さじ4
  • 昆布水 1リットル
  • 醤油 小さじ1
  • 粉末出汁 小さじ1
  • ごま油 適量

作り方

1.こんにゃくは湯どうし、一口大にちぎります。

2.里芋はレンチンしてから皮を剥き輪切りにします。

(1分ほど)皮がむきやすくなります。

3.大根は千切り。

4.切った具材に塩こうじをまぶしておきます。

5.④の材料ときんぴらごぼうをごま油で炒めます。

6.ある程度火が通ったら、昆布水を入れます。

7.アクを取りながら、豆腐を入れます。

8.味をみて、醤油、粉末出汁で整えます。

できればキノコ類もあった方が良かったし、玉ねぎよりは長ネギの方が良いかと思います。

家にあるもので作ったので、けんちん汁風ですかね。

とても食べ応えがあって、満腹になりました。

今まで、噛まなくて良いものを好んでいた傾向があるなと思います。

咀嚼すると唾液も出るようになって、歯周予防にもつながると聞きました。

これも気にしていけたらなと思ういとおかしでした。

↕塩こうじ色々使えます。美味しくなるし、カラダにも良いです。

↑会員になると、映画やアニメ、ドラマなども無料で観れるのがたくさん。漫画や音楽も無料で楽しめるものがあります。

Amazonは買い物だけじゃない。おススメです。

 

-カラダとココロをいたわる料理, ダイエット, リメイク料理, 高血圧対策
-, , ,

Copyright© いとおかし。 , 2019 All Rights Reserved.