たまにいくなら カレー リメイク料理

補給艦ましゅうのお艦カレーとリメイクしてカレーパン

投稿日:

今回は2019年11月に見学させてもらった補給艦のカレーを紹介します。

補給艦は見るのも初めて。大きいですね!人が小さく見えます。

補給艦「ましゅう」

主要要目

基準排水量 13500t

主要寸法 長さ221m、幅27m、深さ18m、喫水8m

主機械 ガスタービン2基2軸

馬力 40000PS

速力 24kt

特殊装置 洋上補給装置一式、補給品艦内移送装置一式

乗員 約145人

「ましゅう」は、平成12年度計画13500トン補給艦4015号艦として、三井造船玉野事業所で2002年1月21日に起工され、2003年2月5日に進水。

2004年3月15日に就屋役し、護衛艦隊に直轄艦として編入され舞鶴に配備されました。現在は、護衛艦隊第1海上補給隊に所属し、定係港は舞鶴。


外から見たましゅう。大きい。近くにあった建物より大きかったです。

隊員の方が言っていたぬりかべ

写真には撮ってなかったのですがオペ室なんかもありました。

 

縄の結び方。種類がたくさんあって驚き。

たくさんの人が見学に来られていました。自分でも気づいていなかったのですが、船好きみたいです。見学できてよかったです。

見学中にましゅうのお艦カレーののレシピが載っていて作ってみようと思っていました。お正月に作ることになるとは。

お正月っておせちに飽きたらカレーのイメージですよね!

作ってくれたのは夫さんですが。

ましゅうのお艦カレー

 

材料

  • 牛すじ肉 5キロ
  • 玉ねぎ 10キロ
  • ニンジン 3キロ
  • 馬令 10キロ
  • カレールー 6キロ
  • ニンニク 10かけ
  • バター 適量
  • サラダ油 適量
  • 和風だし 適量
  • 福神漬けの汁 適量
  • ラッキョ漬けの汁 適量
  • 鶏がらスープ 1リットル
  • 水 約40リットル
  • シュレッドチーズ 適量

約145人分のカレーってすごい量ですね!

ないものは入れていませんが概ねこちらのレシピの6人分で作りました。

トッピング(これは我が家のアレンジ)

  • エビフライ
  • なます

作り方は市販のカレーの作り方ですが、圧力鍋で時短調理です。牛すじ肉は柔らかく煮込みたいので圧力鍋がおススメです。

今回はボイルした牛すじ肉を購入したのですが、念のため圧力鍋で。

 

ましゅうのお艦カレーの感想

牛すじ肉のボイルを使ったことで時短できました。

トロトロで原形がなくなってしまいましたが、旨みと濃くが出ていてビーフシチューをカレーにしたような味です。

これはお店で出てきても文句なしのカレー。なますもカレーに合いますよ。

おせちの余りをカレーと食べることで口の中もさっぱり。これでなます完食です。

カレーをカレーパンにリメイク

夫さんが美味しく作ってくれたカレーだから余すことなく食べたいので、面倒臭いと思いつつ、カレーパンにしてみました。

生地から作りましたが、ホットケーキミックスがあればホットケーミックスを使うと簡単に作れると思います。

材料(8個分)

生地

  • 強力粉 130g
  • 砂糖 大さじ1
  • ドライイースト 2g
  • 塩 小さじ1/2
  • 水 90cc

  • 余ったカレー

  • 小麦粉
  • 卵液
  • パン粉

作り方

①ボウルに生地の材料を入れ10分ほど良く捏ねます。

②オーブンで40℃の発行機能を使って発酵させます。10分ほど。

③倍くらいにふくらめばOK.足りないときはもう少し発酵させます。

④生地を8つに分けて乾かないようにラップをし10分休ませます。

⑤生地を手で伸ばします。手のひらサイズくらい。

⑥カレーを包みます。

⑦小麦粉をまぶし、卵液にくぐらせパン粉をつけます。

⑧30分程発酵させてから揚げます。160℃の油で片面2分ずつ揚げます。

シロさんの唐揚げ衣リメイクと、昆布水でカレーを作りました。と、お艦カレーの本。

カレーパンの感想

我ながらいびつ(;^_^A。サクサクカリカリで美味しくできました。次はホットケーキミックスを使って、もう少し簡単に作ってみたいと思います。

2個ぺろりと食べれます。深夜ご飯には良くないですけどね(;^_^A

夫さんも気に入ってくれたみたいでリピ決定。やる気になるかは別問題ですが(;^_^A

 

牛すじ肉の効能

平性(中間の性質)、甘味(自然な甘みを持つ食材)

骨を強くし、筋を強くします。血液を補い下半身を温めてくれます。冬に牛すじを食べるのは理に適っているのかもしれませんね。

下処理は手間ですが、ボイルしたものなども売っています。おでんに入れたり、煮込み料理に使って美味しく食べて栄養を摂りましょう。

加齢は止められないが、老化速度はゆるめられます。東洋医学で食養生

 

 

 

 

 

 

-たまにいくなら, カレー, リメイク料理
-, ,

Copyright© いとおかし。 , 2020 All Rights Reserved.